070519smack-mai.jpg
 先週土曜日のスマックガール新宿大会のレポートの舞対大室戦の箇所で、本庄くんが舞選手(上写真)の入場テーマ、TMNの「TIME TO COUNTDOWN」について言及していたのに驚いた。この曲が出たのは1990年頃、17年ぐらい前と記憶している。本庄君は今23歳だったと思う。当時幼稚園児か小学校低学年ぐらいの彼が知っているとは不思議だ。
 そこで本人に聞いてみると、なんと彼の47歳のお母さんがTMの大ファンで、親からひたすら聞かされたというのだ。なるほど、47ならTMのメンバーとほぼ同年代だ。自分が中高生頃に耳にした音楽が、僕より上の世代から、その子供にあたる下の世代に伝播されていたことに、不思議な新鮮さを感じた。
 中学生の頃、僕はTMが嫌いだったが、周りの友達に熱狂的ファンが多数いた上、テレビ出演も多かったから、半ば強制的に耳に入り、だいたいのヒット曲や歴史は記憶に刻み込まれている。

 TMネットワークの話で思い出したが、正月のNHK-FMの番組で、小室哲哉が近田春夫と共演していた。80〜90年代の歌謡ロックのヒット曲を聞きながら、小室氏が同世代の他のグループや作曲家(ボウイや飛鳥涼)からどういった刺激を受けたりジェラシーを感じていたかを、近田さんが聞き出すという企画だった。
 TMNに名前を変えた前後の頃、つまり、TIME TO COUNTDOWNを出した頃、とにかく湯水のように照明や音響設備に金を使い、ライブの度にシンセを壊し、ちょっとしたフレーズをサンプリングするために外国のミュージシャンに金をかけていたといい、本人も「あのころは頭がおかしくなってましたね」とあのグニョグニョ口調で振り返っていたのが何とも微笑ましかった。たしかTIME TO COUNTDOWNで夜ヒットに出たとき、小室氏が壁一面にデカいシンセを置いて、誇らし気にしていたのを覚えている。当時中学生の僕には、なんか凄いことやってるな、と感心する反面、小室氏の壊れぶりに奇妙さを感じていたから、今の言葉に少し安心させられる。

 青春時代のタネ明かしを一個一個してもらったようなラジオ番組だった。大人になった今、あの頃のGBとかパチパチとか深夜にやってたレコード会社のプロモ番組とか見返せば、きっと大人のビジネスのハッタリの構図やらが手に取るようにわかるだろう。でも別にそういった出来事に「裏切られた」とか嫌悪感を持つというわけじゃなく、今も昔もそういった構造が変わらないということに、世のはかなさや、自分も歳を取ったなあと感じるといった、そういう程度の話である。
2007-05-26 12:36 この記事だけ表示   |  コメント 4
 下の記事のとおり、ばうれび海賊版は、5/18からアドレスが「http://boutreview.eplus2.jp/」に変わりました。右下のメニューの一番下にも書いてありますが、Seesaaブログのシステムに移ったわけです。
 で、シーサーといえば、シュートボクシングのシーザー武志会長。ちょっと強引ですが、新アドレスでの第1弾投稿はシュートボクシングネタから。しかもこのネタならアクセス大幅アップ間違いなしですよね? とイープラスの担当Hさんのご機嫌を伺ってみたりして。

 いよいよ金曜に開催の迫ったシュートボクシングの後楽園大会から、グラビアアイドルの矢吹春奈さんがスペシャルサポーターに就任します。詳しくはバウレビ本誌の記事をご参照下さい。記事のほうでは小さい写真を1枚だけしか載せられなかったので、海賊版のほうで大きい写真と、使わなかった1ショット写真をスペシャル公開!

070523yabuki1.jpg070523yabuki2.jpg

 目の前で見た矢吹さんは無茶苦茶かわいかったです。皆さんも写真だけじゃなく、シュートボクシングの会場で生矢吹さんを見ましょう!
2007-05-23 23:41 この記事だけ表示   |  コメント 4


 
 11日(金)の全日本キックで、小林聡さんのゼネラルマネージャー(GM)就任が発表されました。小林さんは「GMって言っても何やるのかわかんないけど」みたいなことをおっしゃってましたが、こういう時に便利なのがウィキペディア
 
「ゼネラルマネージャー(General manager)はプロ野球など、スポーツのビジネスにおいて営業や選手補強などのチーム運営全体の統括役を務める役職のこと。GMと略される。元スポーツ選手、あるいはスポーツマネージメントに精通したビジネスマンがその席に付くことが多い。」
 
 「選手補強」は、野球やサッカーやといった集団競技だと大事なのはわかります。個人競技でGMがそれに類する仕事をするとなると、小林GMが選手時代に培った人脈や信頼や権威を活かし、団体交流戦で夢のマッチメイクを実現させるとか、壁にぶち当たっている選手に、数々のスランプを経験した小林GMならではのアドバイスをするとかでしょうか。小林GMは選手時代、柔道とか登山とかいろんなトレーニングを取入れて、スランプ脱出の糧としていました。団体直属のスタッフや、ジムの会長やトレーナーの方々だと、立場上言いにくかったり動きにくかったりすることも、小林GMの立場からだとスムースにできるかもしれませんね。
 
 小林GM自身も、「俺の方が目立つことが無いよう、選手には頑張って欲しい」とも話していましたから、変に出しゃばる行動はされないと思いますし、全日本キックのファンもそういう姿を小林GMには望んでいないでしょう。ニュートラルコーナー付近のGM指定席から、小林GMが何を発見し、創造していくのか。また一つ全日本キックを見る楽しみが増えました。

2007-05-13 15:31 この記事だけ表示   |  コメント 4

 4/30にゴールドジム府中で行われた、格闘クリニックの無料セミナー「格闘技はじめの一歩」には、僕も記者として見るだけじゃなく、実際にやる側として参加しました。
 うちの記事ではなんだかクールに書いてますが、普段運動しないもんですから、3日程筋肉痛が続いて大変でした。
 とはいえ受講中はテンションが上がってて、むちゃくちゃ楽しいんですね。ミットやサンドバッグを蹴ったり殴ったりするのが純粋に気持ちよかったです。
 二重作ドクターや他の講師のみなさんの教え方のうまさもあって、あっというまの2時間半でした。MAの玉城選手には特にいろいろ教えて頂けて感謝しています。
 二重作ドクターとJ-NETのグレイシャア亜紀選手には超軽〜いスパーリングに付き合って頂きましたが、完全に子供扱いされて…。二重作ドクターの上段蹴りは全く見えないわ、グレイシャア選手にはボンボンと何発もパンチを入れられるわ。試合レポートで勝手なことを書いている分、みっちり復讐されたのでした。
 復讐はまだ続く。格クリブログで、グレイシャア選手とのバランスファイトでの自爆の模様が公開されてしまいました。あ”〜情けない!! 
 電車に乗っててもよくフラフラするんですが、バランスの無さと体の硬さを改めて実感。ホント、ちゃんと運動しないとなぁ。どっかのジムに入ろうかと、真剣で考え始めている今日この頃です。

2007-05-09 12:51 この記事だけ表示   |  コメント 0

 パンクラスの4月27日の後楽園大会から、bodog支給のオープンフィンガーグローブが採用されました。ムエタイ用品で有名なフェアテックスがタイで製造した商品で、北米のいくつかの大会でも採用されているようです。
 拳の部分が薄くなりましたが、相手に与えるダメージがことさら大きくなった感じはしませんでした。それ以上に、試合中に小指の部分が抜けなくなったのが一番良かったと思います。以前のグローブだと少なくとも2試合に1回ぐらいは抜けていて、試合進行に水を差すことも。お客さんもイライラするばかりか、ピンチを救われた選手もいますから、競技上も良くないと思っていました。今回はそういったストレスが無く試合が進行しました。

 ストレスというと、試合が終わった直後の音楽もできれば一新してもらいたいところ。曲のほとんどが邦楽ロックで、試合に無関係な歌詞が耳障りに感じるのは僕だけでしょうか。
 今の曲ですと、試合に勝った選手が今その時リング上で表現しているイメージの邪魔になっているような気がします。料理でいえば少量の山椒やわさびのような引き立て役となるべきところが、何でもマヨネーズやケチャップをかけちゃうような感じです。
 洋楽もかかることがあるけど、なぜかアブリル・ラヴィーンか何かの曲なので、どうも男の闘いのイメージに合っていません。特に男臭いイメージの強い桜木裕司選手の勝った後にかかったこともあったはずですが、違和感がありました。
 試合後の曲は勝者の入場曲か、歌詞の無いインストが妥当でしょう。例えばPRIDEで試合後にかかる曲は、そんなに際立って名曲というわけでもないんですが、独特の高揚感があり、アレンジも安っぽい感じがしないので、いいなあと思います。

2007-05-01 16:46 この記事だけ表示   |  コメント 4

火曜日のこと。バウレビの使っているレンタルサーバの運営会社から、うちのサーバの転送量が今、突出して増加し、サーバを共用している他のサイトの転送速度に影響が生じているとの報告がありました。
なんのこっちゃ?と思ってアクセス解析を確認してみると、確かに訪問者数が2倍ぐらい、転送量が3倍ぐらい増えています。
しかもYahoo! JAPANからの訪問と、本誌がちょうど3年前に載せたPRIDE GP開幕戦の「ランデルマン、ミルコをKO!」の記事へのアクセスが集中しています。

理由はこういうことでした。Yahoo! JAPANのトップページでミルコ選手のUFCでのKO負けが報じられた際、ニュース記事の中で「過去のミルコのKO負けシーン」として、その記事が紹介されたからです。
掲載されたのは4月23日(月)17時56分〜21時28分。その後は5日間、こちらのページにバックナンバーとして残されるそうですので参考まで。

Yahoo!ニュースの愛用者が多いのは知ってますが、サーバ会社からコース変更を提案されるほどアクセスが増えるとはビックリ。Yahoo様恐るべし。

でも、素朴な疑問なんですが、なんでYahoo!系列のスポナビさんの記事じゃなく、うちの記事が紹介されたんでしょう??
うちの記事のほうが、「過去のミルコのKO負けシーン」の紹介に適している判断してもらえたのなら、とても光栄ですね。まあたぶん、たまたまだとは思いますが…。

2007-04-25 23:55 この記事だけ表示   |  コメント 0

引き続き全日本キックの話題、というか、どっからどう見ても宣伝です(笑)

DVD「全日本キック 2006 BEST BOUTS」がクエストさんから4/20新発売されました。
バウトレビュー・オンラインショップでも販売しています。

1月の山本元気 vs 山本真弘のタイトルマッチ、3月のこの二人のムエタイとの対抗戦、4月の新宿での前田 vs ラスカルの死闘、後楽園での大輝と山内裕太郎のKO戴冠試合、5月の石川 vs 大宮司のイケメン対決、6月の小林と元気のムエタイとの対抗戦。全部つい最近のことのように強烈に印象に残ってますね。ホント、全日本キックってどの大会もテーマ性があるなぁ。

そしてなんと、8月の金沢 vs 石黒の反則決着試合も入ってます。普通ならお蔵入りになって、昔のプロレス裏ビデオみたいに、今の時代ならYouTubeあたりでしか見られなさそうな試合になってた恐れもあるこの試合が、正規のDVDとして残ります。

10月の新宿の山内 vs 白虎の死闘も入ってます。前田 vs ラスカルもそうですけど、新宿FACEって、リングが小さくてお客さんも小さなハコにビッシリ入るから、打ち合いになるとお客さんの熱狂との相乗効果で異様に激しい試合になるんですね。とはいえ他団体ではそういう試合があんまり無いから、これも全日本キックの凄さでしょう。

そして11月の後楽園での、小林選手の最後の公式戦。大輝のタイのランカーに勝った試合、大月の復帰戦もこの大会でした。
あと、タイ遠征、藤原祭りも入ってますね。鈴木みのる選手と藤原会長のタッグマッチはバカバカしくて最高でした。

全日本キックを前から見ている人にとっては、もう一度名勝負を味わうために楽しめますし、最近見始めた人も、5,880円(税込み)というチケット代1大会分ぐらいの値段で、今の全日本キックをひととおり知ることができます。収録時間が245分だから、5時スタートの興行が9時5分に終わるぐらいの長さなんですが、全部一気に見ると興奮し過ぎて次の日に会社に行けなくなること確実です。

全日本キックファンの人が、友達に「全日本キックは死ぬ程面白いんだよ!」とクドクド説明しても理解してもらえず、「キックオタク」とレッテルを貼られてオシマイになるような場合も、このDVDを貸してあげればきっと友達も納得するでしょうし、会場に一緒に見に行く上でも誘いやすくなるでしょうね。でも友達にDVDを貸すと戻って来ない確率が高いので、そのへんは頭に入れておいたほうがいいでしょう。戻って来ない場合はもう1枚買って下さい!

あと、マニアックな注目ポイントとしては、4.15後楽園大会で佐藤皓彦選手とダウンの応酬を繰り広げた、白川裕規選手の試合が2試合入っているところかな。下の写真は記事で使わなかった写真ですが、右が白川選手です。

去年2月の伊藤崇文戦の時点ではほとんど注目されてなかったんですが、いきなり抜擢されてちゃんと結果を残してますし、新宿大会で大事な試合を任されたりしていくことで、試合ごとに少しずつたくましくなっていくのが、今ものすごくよく伝わってくる旬の選手なのです。佐藤戦も負けるという下馬評のほうが高かったですから、それを引っくり返せるということは、きっと何かを持ってる選手だと思うのです。
全日本キックの宮田興行部長は「寝起きの坂口憲二」というナイスなニックネームをつけてますが、「寝起きの」が霞むぐらいのカッコ良さが出て来ています。

スポーツを見るのって、一流選手の最高の技術を見る楽しみが一番大きいのですが、そういう、青春期の男の子女の子たちが大人に成長していく過程を見る楽しみも多分にあります。
なのでクエストさんから発売のこのDVD「全日本キック 2006 BEST BOUTS」は、その両方の要素を楽しめる最高の一枚です! とうまくまとめてみました。

DVD「野良犬LAST STAND 小林聡伝説FINAL」も3月に出ましたんで、こちらもぜひ。

5月11日(金)後楽園大会はW山本が久々のそろい踏みです。元気 vs. セーンチャイは名勝負必至です。チケットはイープラスさんでも扱ってますし、バウレビでも売ってますので、「全日本キック 2006 BEST BOUTS」を見て会場に足を運びましょう!

2007-04-21 22:18 この記事だけ表示   |  コメント 4


 
全日本キック後楽園大会のレポートと写真を載せましたが、大事な写真を1枚掲載し忘れていました。
大会の休憩時間、小林聡さんの引退記念本「野良犬 キックボクサー 小林聡の軌跡」(エンターブレインから4/20発売)のサイン&握手会が行われました。
1人1人に握手するとき、小林さんは必ず下からファンの方の眼をしっかりと見つめていました。
鋭いんだけど、冷たさは無く、根っ子に温もりがある。
眼に不思議な力がある人です。

2007-04-18 18:45 この記事だけ表示   |  コメント 4

木曜はR.I.S.E.、金曜はDEEP、そして明日日曜はADCC全日本キックと、今週後半は今月一番の取材ラッシュです。
先週は先週でK-1 MAXPRIDEがあったものですから、こちらの海賊版の更新がすっかりごぶさたとなってしまっておりました。

で、R.I.S.E.の記事で使わなかったいい写真がいくつかあったので、海賊版でお届けします。


まずは会場風景。R.I.S.E.はこれまでディファ大会で入場ゲートとモニターを必ず用意していましたが、後楽園ホール大会でもそれは変わりません。むしろよりグレードアップした印象があります。
この写真2枚ではわからないと思いますが、上手いなあ、と思ったのがレーザー光線も使ったライトアップと、重厚な音響です。
「どうだゴージャスだろ!」とばかりにライトアップ自体の派手さをアピールするんじゃなく、入場ゲートから出て来る選手を際立たせるという、本来のライトアップの役割がちゃんとできていたことに好感が持てました。
音響は低音の響き方が気持ちよかったです。特にアレックス・ロバーツ選手の入場の時の、レイジ・アゲインスト・ザ・マシーンの曲の響き方はゾクッとするものがありました。

で、入り口の売店にいくと、そのアレックス選手のTシャツを、ラウンドガールの藤川ありささん(左)と月見栞さん(右)が売ってたのでパチリ。サッとカメラを向けるとすぐポーズを取ってくれたのはさすがです。ちなみに藤川さんの方は最近まで水瀬ありさの名前で活動されていました。

バウレビのオンラインショップでもアレックスTシャツは売ってます。今のうち買っておけばプレミアつくかもしれませんよ。

そのアレックス選手がインタビュースペースでインタビューを受けていると、敗れた百瀬選手が通りかかり、アレックス選手に「またやろう。今度はもっと大きな舞台で」と声をかけていました。今回の悔しさをバネに、4度目の対決目指し、また這い上がって欲しいです。

で、最後の1枚はこの写真。記事では使いませんでしたが、いい絵にはなってますよね?

なのになぜ使わなかったかって? それはバウレビの誌面のクオリティ維持に関わる企業秘密です。…と言うと大げさで、そんなに隠すほど意外な話でもありませんので、いずれこのブログでネタにするかもしれません。

2007-04-14 23:40 この記事だけ表示   |  コメント 4

今年から理事長と大会運営体制が変わったNJKF(ニュージャパンキックボクシング連盟)。
1月大会はそれほど大きな変化は無かったのですが、3月18日の大会は“ニュー”ニュージャパンキックとでも言えるぐらい、いろんな変化や新しい試みがありましたので、海賊版でご報告します。
 
まずはパンフ。色やデザインが今風になりましたね。
 
 

選手のプライベート写真を大きく使うあたり、K-1 MAXのパンフに似ています。
収録されているインタビューも、専門誌並みの読み応えで、ちゃんと試合について深いところまで語っており、ビジュアルだけに偏ってはいません。
表紙に「完全保存版」と小さく書いてあるのですが、残しておく気になれるパンフです。
 

今のNJKF、知る人ぞ知るタレント集団なんですよね。もちろんいい意味で。
桜井洋平・久保優太・米田貴志といった男前で手足が長くスタイルのいい選手、国崇・山本雅美といった入場テーマで個性を際立たせる選手、さらに以前このブログでも紹介した前田浩喜・健太・赤十字竜といった新鋭も下に控えています。
みな、見た目だけじゃなく、実力を兼ね備えていることは団体対抗戦で証明済み。
その新鮮な素材を、よりいっそう引き立てるようなお皿選びと盛りつけを、ちゃんとできるようになったなあ、という印象でした。
 
 

お皿といえば、続いて驚かされたのは、ニュートラルコーナー付近にDJブースがあり、本職のDJがいたこと。デンマーク出身のDJ CASHさん。ジャネット・ジャクソンの来日の際の客演DJを務めたこともあるそうです。
1月大会にDJ.taiki選手が出場したのは、その伏線だったのでしょうか(笑)
最近ではHERO'SとケージフォースにもDJがいましたね。
このDJさん、曲を流す時間は休憩時間ぐらいでしたが、選手の入場テーマ曲の流れている時に「HERE WE GO」とか「COME ON」とか掛け声を出していました。
まあ、ベタといえばベタな煽りなんですけど、会場をパッと明るくする効果があります。19歳の久保優太選手なんかは、特にイキイキして入場しているように感じました。
 
 

明るくしたという点では、3階級タイトルマッチ認定宣言の直後、最初の試合の準備の間に登場したダンスチーム「紫音」が印象的でした。倖田來未やケツメイシのオープニングアクトにも登場したことがあるそうで、かなり見応えのあるダンスをしていました。個別のダンサーの子の名前を呼ぶ、同世代の女の子の声が聞こえたので、彼女達目当てで来ていたお客さんもいたようです。
 
この手の演出は、主催者側の思い入れが強すぎ、早く終わって欲しいと思うことがたまにあるのですが、この大会に関していえば、そういう感じは無く、試合をうまく引き立てる効果が出ていたと思います。

まあ、以前の雰囲気が好きなファンの方もいらっしゃるかとは思いますし、僕も好きでした。でも、今のニュージャパンの大半の選手のイメージに近いのは、むしろ今大会からの演出のほうだと思うので、僕はこの変化、大歓迎です。新しいファンがどんどん増えて欲しいですねぇ。

2007-03-30 16:06 この記事だけ表示   |  コメント 0
 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。