前回、格闘技の人気選手自体の数が少ないんだから、Dynamite!!が人気選手中心の話題作りをするのはおのずと限界があるということを書きました。しかも、人気選手を増やしていったとしても、顔見せ程度のマッチメイクだと、視聴者はさほど大きな関心を示してくれません。シビアな戦いが伴ってこそ、人気選手のコンテンツ力が十分発揮されるわけです。
 そう、「シビア」さ、あるいは「真剣さ」です。過去に大晦日に高視聴率を取った曙も、横綱という地位を捨ててサップに挑んだ点でシビアですし、金子賢にしたって、俳優としての地位を考えればシビアな挑戦でした。格闘技ファンから非難を受けまくったという点でもシビアですよね。もっと言えば、大晦日にハッスルした泰葉、「おふくろさん」を歌った森進一も、いろんな障壁を乗り越えたという点でシビアでした。

 で、もっと極端に考えると、有名人が登場しなくても、シビアな競争さえ繰り広げられれば、人は注目するわけです。その競争のシステムがよくできていればより注目度は高まります。その典型例が、年末年始の高視聴率イベントならば、漫才のM-1グランプリや箱根駅伝です。普段ほとんどテレビに出ない漫才コンビでも、M-1のシビアな競争で優勝すれば一気に注目を浴び、お笑い好きの人たちから大きな評価を集めますし、箱根駅伝に出てる大学生のこれまでの実績なんて全然知らなくても、ただボーッと見ているだけでシビアさを感じることができます。
 とくに箱根駅伝は、大企業のCMの付く数が半端じゃないですね。しかも大半の企業は特定の商品をアピールするんじゃなく、エコロジーへの取り組み等の企業ポリシーをアピールしていて、箱根限定で作っているよう気合の入ったCMもよくあります。企業にしてみれば新年の年賀状代わりになってますよね。箱根の山はもちろん、富士山とか湘南の海辺の景色が綺麗で、そこに大学生のシビアな競争が乗っかることで、他に真似のできないぐらいクリーンなイメージができ、多くの大企業もそのイメージにあやかろうと、莫大なスポンサー費用を出すという、理想的な形が出来上がっているわけです。
 まあ、企業によっては、最近話題の派遣切りの悪いイメージを覆い隠すために、エコへの取り組みをことさらアピールするという魂胆もあるんでしょうけど、大企業のクリーン指向というのはここ数年の流れで、これは当面変わりそうもないですよね。

 ですけど格闘技界は、その流れには全く乗れていないどころか、むしろ逆行するようなことを一生懸命やっているような感じかもしれません。これまでは過激さや無法さが、大衆の欲望を刺激し、そこにスポンサーが集まるというのが(格闘技に限らず多くの分野で)主流でしたから無理もないんですけど、実は今は潮目が完全に入れ替わって、今の時代ほど競技性と商業性のベクトルが一致する時代は無いんじゃないかと思うのです。
 Dynamite!!がもしその流れに乗るのなら、K-1 MAXの世界トーナメントの決勝を大晦日に持ってくるというのが、一番手っ取り早いやり方でしょう。準決勝から決勝の体力回復の時間に、キン肉万太郎対サップとかを入れるのもいいんじゃないでしょうか。K-1甲子園の決勝は既に2年連続で大晦日にやっていますけど、あれももっと熱心にTBSが予選から放送していけば、盛り上がりを作れるでしょう。変に紹介VTRや応援団のような絵作りに凝るほうが逆効果で、淡々と戦ってる高校生の男の子の表情を追うほうが効果的でしょう(箱根駅伝の日テレのスタッフがやったほうが上手いかもしれませんが)。
 でも、まだこれだとエコな今の潮流には乗りきれてないわけで。あと、これは長期的な熟成が必要になるんでしょうけど、M-1や箱根に関する冒頭の話と一緒で、K-1という知名度の高い競技ブランドじゃなくても、それがシビアでクリーンな内容であれば、名前は何だっていいわけです。むしろ1から新ブランドを作っていったほうが、数年後は大企業の広告がいっぱいつく優良コンテンツにしやすいかもしれません。

 あ〜、前回の最後に、芸能人に格闘技をやらせる話について言及していましたが、なかなか辿り着きそうにないや。長くなってきたのでこの辺で。次でたぶん書けると思います。
2009-01-11 22:50 この記事だけ表示   |  コメント 7
新年あけましておめでとうございます。
2009年もバウトレビューをよろしくお願いいたします。

大晦日はDynamite!!、1月4日は戦極と全日本キックと、重要な大会が続き、年末年始のほうが普段よりも慌しいのが我々の仕事。
2009年になる瞬間を、僕は多くの記者さんと一緒に、笹原DREAMイベントプロデューサーの総括コメントをさいたまスーパーアリーナで聞きながら迎えました。
試合のない1月3日も、翌日の2大会の会見に行ってましたし、大会が終わった後も記事の編集作業があり、ようやく昨日あたりで年末年始のバタバタから切り抜けられたなぁ、と一息ついています。
去年、一昨年は、秋山関連の騒動が尾を引きましたから、今年はまあ、とりあえずは無事に終わってよかったです。

それでようやくこのブログの年始一発目の記事を書いているわけですが、やっぱりネタとしては年末年始のイベントの話題になっちゃいますね。結局、年末年始は尾を引いているわけで...(汗)

今日はDynamite!!について。今年は裏番組(表番組?)のNHK紅白歌合戦の視聴率がアップしたそうですが、その陰には他力本願ならぬ「他局本願」の成果があったようですね。

 <参考リンク> ニッカンスポーツ「紅白視聴率最高はフジの目玉マーク登場時」

番組の1部と2部で瞬間最高を取ったのは、日テレ系の映画「崖の上のポニョ」の主題歌と、フジの番組から生まれた羞恥心が登場した場面だったそうです。別の報道では、テレ朝の「相棒」で人気の上がった水谷豊の登場場面も数字が良かったという話も出てました。

まあ昔から、民放のドラマやCMのタイアップで人気が上がる歌手は山ほどいて、その歌手が紅白に出て視聴率に貢献したり、かつてのダウンタウンの浜ちゃんが小室哲哉のプロデュースで出たときもフジの番組がきっかけだったりと、「他局本願」の傾向はあったので、それをより一層、今年のNHKは戦略的に活用したということなのでしょう。

もっと広く言えば、「世間一般の話題や関心との連動性」が高ければ視聴率に貢献するわけで、簡単にいえばモーニングショーやワイドショーでネタになるか」が鍵でしょう。Dynamite!!でも曙×ボブ・サップがそうですし、今回のハッスルなら泰葉の登場もそうでしょう。放っておいても他局が勝手に宣伝してくれるという。裏を返せば、他局も紅白の高視聴率や旬な話題のおこぼれをワイドショーとかでもらえるわけですから、WinWinな関係なわけです。最近は「篤姫」を民放がよくネタにしますね。「長い物には巻かれろ」状態です。

ですから、TBSとしては、石井慧を獲得どころか、ゲストや観客としてすら呼べなかったのは相当な痛手だったでしょう。魔裟斗、KIDも今回は出ませんでしたね。秋山も良くも悪くも認知度は上がってました。最近はSHIHOの彼氏としてワイドショーに登場してますから、むしろ一般向けのアピールとしてはこっちの話題のほうが効果がありそうです。民放でよくやってる、タレントが歌詞をフルコーラス歌えたら賞金をもらえるような企画に、歌のうまい秋山が出れば、ヌルヌル騒動も世間的にはかすむぐらいに人気が出るかもしれません。

ただ、格闘家で世間的に知られた人の数って、歌手に比べればそのケタが全然違います。以前ケータイの辞書に登録されている格闘家の話題を書きましたが、その数なんてごくわずかです。紅白だって昔から、絶対に出演しない人気歌手なんて山ほどいたわけですが、その欠員を補充する人気歌手はいくらでもいるわけです。今回のDynamite!!の出場選手で、桜庭、武蔵、チェ・ホンマンは知名度が高いのですが、コンディションがついてきていませんでしたね。代役となる人気選手はそういません。じゃあTBSも、フレッシュな青木や川尻の他局での露出を今のうち増やして、今年の大晦日の裏コンセプトは「勇気のチカラ」ならぬ「他局のチカラ」にしようとか戦略を立てても、視聴率の伸びしろは限界があるでしょう。

つまり、TBSの取ってきた、歌番組や芸能界的な人気者重視路線は、格闘技というジャンルの特性を考えると、おのずと限界があるといえるかもしれません。え? 金子賢が視聴率を取ったように、芸能人に格闘技をやらせればいいって? 生粋の格闘技ファンの反感を買う手法ですね。でも、これもやり方次第ではファンの支持を取り込めますし、あと、その「やり方」をもっと徹底させれば、大逆転で視聴率を取れる手法になりうるのですが、長くなってきましたので、その話はまた今度。
2009-01-07 20:09 この記事だけ表示   |  コメント 0
 前回に続き、TOUITSUの取材で神戸に行ってきたときの出来事。
 阪急電車の車窓からの景色を眺めていると、横10メートルぐらいの看板に「バカ上司は許せない」というタイトル(うろ覚えですが)の書籍の宣伝が載っていました。
 その中には「BJ=バカ上司」といった記述が。
 KYという言葉が去年流行り、今でも「漢字読めない」といったバリエーションで使われ、この手の略語は増えましたけど、BJですか。修斗のチャンピオンのBJ選手や、バスケのbjリーグにしてみれば、あんまり流行ってほしくない略語でしょうねぇ。
2008-12-28 21:06 この記事だけ表示   |  コメント 0
今週はTOUITSUの取材で神戸に行ってきました。
大阪は高校までの18年と、大卒後の3年間過ごした街。
阪急沿線でしたから、神戸は行動範囲ですので、一個一個の光景が非常に懐かしく感じます。
やっぱりたまに帰ると、東京の街に無い、独特の落ち着き感が、いいなあと思いますね。
人が多すぎず少なすぎず、みんなのんびりしていて、おしゃれにも力みが感じられない。
阪急三宮駅からポートライナーの駅に向かう道にショッピングモールが並んでいて、買い物客のカップルや子供連れの親子が歩いていた光景が、天気が良かったせいもあるんでしょうけど、特に印象に残っています。

阪急沿線独特の気品は、僕が関西で一番好きな要素です。
阪急電車の車内広告って、網棚の上のところは広告が無いんですよね。元々内装が木目で綺麗ですから、東京の電車に比べて格段に落ち着いた空間になっています。
当然網棚の上の広告枠も設定して売り出せば、広告主がついて儲かり、運賃上昇も抑制できますから、社内でも解禁論は出ているでしょう。
梅田の阪急百貨店のシャンデリアと壁画のきれいな高い天井のコンコースも、ビルの建て替えのために消えゆく運命のようです。だいぶ前に味気ない壁で隠されたけど、もう潰したのかなぁ。残念。

関西って全国区的にはお笑いに代表されるコテコテしたイメージが強く、それも大事な一面ですけど、阪急文化のような、あっさりした上品さのほうが、本質に近いような気がするんですよね。薄口のうどんもそうかな。
京都や奈良の伝統文化も関西の一面ですね。でも、明治以降の関西文化で、古いものを維持しつつ現役感を保ち、一番いい味を出しているのは阪急じゃないかと思います。
単なる輸送・小売業からすれば一見無駄なものが、実は一番の強みだったりする。
2009年はますます景気が悪くなりそうですが、そういう文化をどう生かすか・あるいは切り捨てるかの、一つのターニングポイントにもなるような気がしています。
2008-12-27 13:48 この記事だけ表示   |  コメント 0
 昨日、たまたまG+でボクシング中継を見たら、パンクラスの前田吉朗選手と全日本キックでブレイク中のソルデティグレ・ヨースケ選手を足して2で割ったような顔をした選手が出ていて驚きました。
 名門・横浜光ジム所属で日本ライト級王者の石井一太郎選手で、この試合は東洋太平洋タイトルマッチで、見事2冠達成していました。
 あんまりいい写真が見つからなかったんですが、スポーツ報知の記事のこのアングルはヨースケ選手に似ていますね。左のボディ打ちがカッコ良かったなぁ。
 ヨースケ選手は辰吉似と言われますが、石井選手はたぶん辰吉似とは言われないだろうなあという顔つきです。

 ところで、12/4の記事で、修斗を題材にした漫画「オールラウンダー廻(めぐる)」の作者のインタビューがSHOOTO NEWSに掲載されたと書きましたが、その内容がSHOOTO COLUMNのブログで読めるようになっています。これまでの号の掲載コラムも転載されております。
2008-12-21 13:10 この記事だけ表示   |  コメント 0
 先日、本誌のライターの本庄くんに携帯メールを送ろうとした際、「ダイナマイト」と入力しようとしたら、予測変換で先に「ダイナマン」の文字が出てきました。
 懐かしいなあ〜。小学校のころ、僕の住んでた大阪では金曜夕方に毎週やってた戦隊シリーズで、ゴーグルファイブとかサンバルカンとかチェンジマンとかやっていたなぁ、確かその前の5時からはサンライズ系のロボットアニメをやってて、さらにその前の4時からはマチャアキの西遊記とかの再放送をよく見てたなあ〜。
 なんて思い出にひたっていたけど、一つ疑問が。いったい携帯電話のメールで「ダイナマン」って入れる奴って日本でどれだけいるんだろう? その方面のオタクしかいないと思うんだけど。子供向けのCS局で再放送をしていれば父母層のニーズはあるかもしれませんが。
 ちなみにサンバルカンとチェンジマンも登録されていて、ゴーグルファイブは無かった。その差は謎。あ、僕の使っているのは2年ほど前に買ったauのW43CAというカシオの機種です。携帯メールで選手名を伝えることもよくあるんですが、魔裟斗、桜庭和志、吉田秀彦は元から入っていますね。須藤だと元気じゃなく理彩、秋山だと成勲じゃなく準。最新機種だとこの二人も最初から入ってそうですが、どうなんでしょうね?
2008-12-18 12:02 この記事だけ表示   |  コメント 0
 今日はリバーサルジム横浜グランドスラムのオープニングレセプションパーティーにお邪魔してきました。

081214-reversalyokohama-5.jpg

 横浜駅の西口の繁華街を通り抜けて8分のところにあります。右端には長瀬智也の花輪が。勝村周一朗代表の地元の小中学校で同級生だったそうです。

081214-reversalyokohama-5.jpg

 鏡割りでは所選手、BJ選手、藤牧孝仁選手らインストラクターの面々がズラリ。思いっきり割れて床が酒でビショビショになってました。

081214-reversalyokohama-5.jpg

 勝村代表のK'zファクトリー時代の仲間がいっぱい来てましたね。孫煌進選手、DEEPでKO負けしたばかりですから、ホドホドにね…。

081214-reversalyokohama-5.jpg

 ルミナ選手と“湘南のゴミ”こと二之宮徳昭選手のツーショット。再戦間近??

081214-reversalyokohama-5.jpg

 このジムにはケージフォースと同じケージの一部分が設置されています。先日のケージフォースでタイトル奪取前にここで練習したという水垣選手が、BJ選手とエキシビジョンを披露してくれました。BJ選手もケージをうまく使って、得意技である相手の背後に乗っかってのチョークを使っていたので、彼のケージの試合も見てみたいなあと思いましたね。

 で、これから僕はディファにHEATの取材です。こちらもケージの大会。いろんなケージが見られる一日です。
 
2008-12-14 18:11 この記事だけ表示   |  コメント 4
昨日投稿したケージフォース・ラウンドガールの写真の記事が、なぜかブログのトップに反映されていませんでした。
(大場さんのカテゴリーでは表示されていました)
理由はわかりませんが、今はトラブルは解決し、ご覧いただけます。
昨日から今日にかけて、「ラウンドガール?どれどれ?」とこのブログを訪れた皆様、ご迷惑をおかけして申し訳ございませんでした。
2008-12-11 20:17 この記事だけ表示   |  コメント 0
 講談社の漫画誌「イブニング」でアマ修斗を題材にした漫画「オールラウンダー廻(めぐる)」がスタートしました。作者は「EDEN」で知られる遠藤浩輝さん。11/29の修斗後楽園大会で発売されたSHOOTO NEWSには、遠藤さんのインタビューが掲載されています。
 主人公の少年がアマ修斗からスタートし、プロになってクラスBからクラスA、王者を目指していくストーリーになるようで、「成長に応じて選手のランクが上げていけるので舞台としてちょうどいいんじゃないかって思いました」とのこと。

 インタビューで印象的なのは、アマ修斗を見ての感想でのこの言葉でした。

「何よりも青春してるなみんなっていうのが(笑)。負けた選手が『何にもできなかった』って言いながら師匠に泣きついたら、師匠がその選手の頭をガンと叩いて『トクターチェック行け』って言って。そんな場面を見るとグッと来るものがあります。そういうのをちゃんと作品に定着させていきたいなというのはありますね」

 野球でもサッカーでもバスケでもボクシングでも、漫画とスポーツは切っても切れない関係で、その感動の要素で大きいのは青春。もちろんトップアスリートたちの技の競い合いも魅力ですけど、そこに向かって這い上がろうとしている若い子たちや、彼らに夢を託す指導者たちや、周囲の家族や仲間の応援も含めたドラマも感動的で、だからこそ小さな大会、世間的に無名の選手の試合でも、関心を持って見ちゃうんですよね。

 修斗のリングアナ・北森さんのブログによると、遠藤さんは関東近郊でのアマ修斗にマメに足を運んでて、実際の漫画でも「試合の際の用具等が忠実に描写され」てるそうです。審判講習会も取材してるそうで、リアリティある作品になっているようです。まだ見てないんですが、これからチェックしてみたいです。11/25発売号からのスタートで、次号は12/9のようなので、まだ第1回は間に合います。
2008-12-04 13:53 この記事だけ表示   |  コメント 0
 前回に引き続きリングアナのお話。

 11/30のR.I.S.E.ディファ大会のリングアナウンサーは、おそらく新任の方じゃないかと思うんですが、とてもインパクトがありました。
 開会式ではリングに上がり、選手の名前をシャウトしながら、ロックミュージシャンのようにステップを踏んだり、動き回ったりします。きれいな声というわけじゃないけど、これから戦う猛者たちの力強さみたいなものを、体全体で表現してくれてるというか、なかなか元気ハツラツな感じが新鮮です。
 で、各試合前も選手の名前を力一杯コールするわけですが、馴れてないせいか、力が入りすぎるあまり、試合が進むごとに彼の喉がドンドン枯れていきます。全9試合のうち6試合ぐらい終わった時点で、森進一のような声、選挙運動の終わりのほうの候補者のようなガラガラ声になって、大きな声が出なくなってしまいました。
 お客さんからはクスクス笑いが起こるんですが、面白い試合がテンポ良く続いたこともあってか、お客さんもどこか彼に共感するような笑いで、「ガンバレー」という声が飛ぶ一幕も。

 まあ、ペース配分もできない、お客さんに聞き苦しい声を出してしまうなんてのは、プロとしてはよろしくないんでしょうけど、選手名の言い間違えを繰り替えしたというわけでもなく、力一杯アナウンスしてお客さんを煽っての結果ですから、それはまあそれで、なかなか心地いいものです。前回の「蹴ろ!」の話にも通じますが、洗練されないからこその魅力というのもあります。
 今後も続けてもらって、毎回毎回リングアナウンスするたびに声が出なくなって、終わるとガラガラという破滅型リングアナウンサーというキャラで定着したら…。面白いけどそのうちポリープで入院するだろうなあ…。
2008-12-02 22:41 この記事だけ表示   |  コメント 0
 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。