ネットワークの力[井原芳徳]
 バウトレビュー編集部は東京にある。そのため首都圏で行われる格闘技の大会を主に扱っているが、大会は大阪でも名古屋でも福岡でも、そして世界中のいろんな国でも日々行われている。
 昨日と今日、本誌に載せたレポート3件は、偶然にもみな首都圏以外で行われた大会のものだった。2/17のリアルディール博多大会エリートXC 2/16 フロリダ大会DEEPフューチャーチャレンジ 2/17 名古屋大会がそれだ。
 そしてこの3件の記事には、もう一つの共通点がある。それはライターの諸氏がみな、それぞれの格闘技ホームページを持っているということだ。池田博紀さんは福岡格闘技.com、フェルナンド・アヴィラさんはバウトレビューUSA、木佐木昭さんはFights Spiralだ。福岡格闘技.com以外の2つは厳密に言うとバウレビ内部のホームページと言えるが、コンテンツに関する本誌からの縛りは緩やかで、自由度が高い。
 今はまだ首都圏以外へのネットワークの線は、少ない上に細く、相互的な効果も薄い。でもこの積み重ねが、将来格闘技に新たなパワーを生み出す気が、漠然ながらしている。

 もう2008年だ。僕も明日で33歳だ。しんどくても最高に楽しい事、そろそろ一つ、やり遂げなきゃなぁ。


2008-02-20 22:15 この記事だけ表示   |  コメント 0

コメント


コメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。