全日本キック10.25代々木大会・海賊版[井原芳徳]
aj-yoyogi-1.jpg

 代々木大会の記事で使わなかったけど、ちょっといい写真を集めてみました。

aj-yoyogi-2.jpg

 開会式で小林聡GMが殺陣を披露。照明とBGMもあって、なかなか迫力がありましたよ。先頃、舞台デビューをしましたが、着物も似合いますし、時代劇も行けそうです。写真には写っていませんが敵はもう1人いました。

:

 Kick Returnトーナメントのリザーブマッチに出場したファイヤー原田選手。梶原龍児選手との試合は、この日一番の盛り上がりになりました。梶原選手、前回の前田戦もそうですけど、名勝負製造機ですね。ファイヤー選手は負けましたけど、これまでの試合の中でも特に闘志が出ていた印象です。これは延長ラウンド突入直前、「行くぞ!」と叫んで己を鼓舞している時の様子です。

aj-yoyogi-3.jpg

 準決勝のボツった写真。ピントがレフェリーに合っちゃいました。

aj-yoyogi-5.jpg

 この日は舞台と花道もあったので、大月選手のマスク☆マンズを引き連れての入場もいつもに増して華やかでした。

aj-yoyogi-6.jpg

 で、決勝。緊張感がある場面だけど、真弘選手が微笑しているというギャップがいいなあ、と個人的に気に入ってる写真です。

aj-yoyogi-7.jpg

 閉会式での集合写真撮影の時、小林GMはファイヤー選手の肩を抱えて、ファイヤーポーズで写真におさまっていました。GMは相当ファイヤー選手を気に入ったみたいですね。

aj-yoyogi-0.jpg

 おっと、ラウンドガールの写真を忘れていました。今回は以上です。


2007-10-31 23:06 この記事だけ表示   |  コメント 4

コメント

、自分でもこれまで思いつきもしなかったようなフレーズでその選手を表現することで、ディレクターさんやデザイナーさんが意外なアイデアやデザインを返してきたりと、ジャムセッションのような化学反応が起こる楽しさもあります。シンガーソングライターがアイドルに詩や
(2012-04-05 16:52)
。「この選手の何が凄い?何が個性?」ということを、簡潔でいてインパクトの残る形で紹介しないといけないので、脳味噌の中でもい
(2012-04-05 16:56)
ほとんど無いことも想定しないといけない上、文字数も限られています。「この選手の何が凄い?何が個性?」ということを、簡潔
(2012-04-05 17:02)
する文章は、これまでばうれびでも専門誌でも山ほど書きましたSだと、格闘技を全然知らないか、普段そんなに見ない人が対象です。選手やイベントの予備知識はゼロか
(2012-04-05 17:08)

コメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。