ディファにクレーンカメラが![井原芳徳]
 祝日の月曜に開催されたM-1ムエタイチャンレンジは、日タイ修好120年記念のイベントの一つとして行われたため、ディファの入り口前の駐車場には屋台がズラリ。タイ料理のオイシそうなにおいが立ちこめてました。こんなことならもっと早めの時間に到着しておけばと後悔。
 
0b.jpg
 
 で、中に入ると、驚いたのはクレーンカメラ(正式名称は違うかもしれませんが)が設置されていたこと。K-1やPRIDEではお馴染みで、試合開始直前にグイーンと全景を上から映すのによく使われる奴なんですが、試合中もいろんな角度から撮影して大活躍してました。タイの大手の局で衛星生中継され、世界170ヶ国でも中継されるらしく、金がかかってます。スポンサーのタイのバンコク銀行の広告がいっぱい貼られていました。
 あと、南西の上のほうには、大型モニターも設置され、KOシーンの後はリピート映像が流れるんですね。それでお客さんがまた沸くわけです。最近ではケージフォースでも設置されてますけど、ディファの備品の一つなのかな? ディファは北側に後楽園ホールと同じようなヒナ壇席もできたので、どんどん侮れない会場に進化しつつあります。
 試合も白熱の攻防が続き、レポートでも書きましたが、母国でテレビ中継されるせいか、タイ人の気合いがいつもの2割増しという感じでした。生アタチャイは初めてでしたが、ホント神業でした。バウレビでもアタチャイの出てる試合の収録されているM-1のDVDを販売していますが、滅茶強いタイ人を見たいというニーズは高いらしく、なかなか売れ行き好調です。K-1でのブアカーオやガオグライの活躍で、ムエタイ自体に対する免疫が、多くのファンにもついてきたことも影響しているのでしょうか。ムエタイの本格ブームが来そうな予感がした一日でした。


2007-09-26 23:58 この記事だけ表示   |  コメント 4

コメント

、自分でもこれまで思いつきもしなかったようなフレーズでその選手を表現することで、ディレクターさんやデザイナーさんが意外なアイデアやデザインを返してきたりと、ジャムセッションのような化学反応が起こる楽しさもあります。シンガーソングライターがアイドルに詩や
(2012-04-05 16:52)
。「この選手の何が凄い?何が個性?」ということを、簡潔でいてインパクトの残る形で紹介しないといけないので、脳味噌の中でもい
(2012-04-05 16:55)
ほとんど無いことも想定しないといけない上、文字数も限られています。「この選手の何が凄い?何が個性?」ということを、簡潔
(2012-04-05 17:01)
する文章は、これまでばうれびでも専門誌でも山ほど書きましたSだと、格闘技を全然知らないか、普段そんなに見ない人が対象です。選手やイベントの予備知識はゼロか
(2012-04-05 17:06)

コメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。