全日本キックに惚れた女[井原芳徳]
 小林聡さんがGMに就任し、タイ遠征も盛り上がり、10月25日の代々木第二のビッグイベントに向け、じわじわと熱を帯びてきている全日本キックの、公認ファンサイト「AJ☆JACKS!」が6月にオープンしました。
 主催者は元kamiproの「ささきぃ」ことライターの佐々木亜希さん。AJ☆JACKS!というサイト名は、All Japanを略したAJという通称と、新日本プロレスの90年代初頭のB級(?)タッグチーム・JJジャックスを引っかけたもので、このあたりのセンスが元kamiproの方らしいなあと思いました。
 佐々木さんはkamiproに入った頃(当時は紙プロ)はキックの取材はしていませんでしたが、全日本キックに出会って惚れ込み、会場や会見では必ずお見受けするように。NJKFとかJ-NETとかにも来られるようになった時は驚きましたねぇ。同誌からすれば畑違いだった立ち技分野に力を入れ、「Stand By Me」というコーナーをスタートさせたほどです。前の投稿で「キックの星」の功績を讃えましたが、佐々木さんもそういう意味で、キックの普及の貢献者といえましょう。

 7/29(日)に全日本キックは後楽園大会を開催しますので、この大会のメインとセミでオランダ人と対戦する山内裕太郎選手山本優弥選手のインタビューが、「AJ☆JACKS!」には掲載されています。レイアウトや構成が雑誌っぽいですね。
 ブログも開設されてて、山本元気選手のWBCムエタイ挑戦発表会見の様子も書かれてますが、心理描写が男から見る感じとは少し違ってて面白いと感じました。そのへんの女性らしいテイストは山内&優弥インタビューでもそうで、女性ファンの一般的な心理に近いでしょうね。

 で、話は少しずれますが、格闘技・プロレス雑誌も、思い切って女性編集長を立てて、女性スタッフ中心で作る女性読者ターゲットの雑誌なんて作ったら、需要は無いんでしょうかね? K-1 MAXは当然として、PRIDEでも女性ファンが意外と多かったので、女性ファン層は確実にあるのですが、じゃあ既存の雑誌をどれだけ買ってたかというと、ほとんど敬遠されていたと思うんですよね。買う人でも、どこか物足りないと感じていたと思います。それはプロレス雑誌の作る、女性を意識した企画モノでも同じです。「女性受けする雑誌」じゃなく、「女性誌」そのものになるくらいの思いっきりがあってもいいでしょう。
 とはいっても格闘技に興味が無い女性が作ると、勘違い雑誌になってしまう恐れは大ですので、何でもかんでも成功するとは限りません。女性格闘技ライター自体が少ないのも問題点ですね。でも、AJ☆JACKS!のような切り口の延長線上なら、面白いものができるんじゃないかと、ふと思ったのでした。



2007-07-26 16:10 この記事だけ表示   |  コメント 2

コメント

「全日本キックに惚れた女」かぁ、
いったい誰のことだろ? と読んでみたら
自分のことだったので、たいへん驚きました。

書いてくださってありがとうございます!

内容もとても光栄です。もったいない。
自分じゃー全く意識していないことなので
そうなんだぁ〜って感じです…。

ありがとうございました。
(2007-07-26 23:51)
昨日はパンクラスの会場でもお礼の言葉をいただき、こちらこそ感謝いたします。
石川直生選手のブログでも優弥選手のインタビューが絶賛されてますね。
http://blog.livedoor.jp/soruto_nt/archives/51027355.html
それにしてもナオキック、文章面白いなあ。僕よりもわかりやすい批評で…。
(2007-07-28 13:04)

コメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。