なんでそんなとこで撮んねんッ!?[井原芳徳]
 各団体から対戦カード等のプレスリリースのEメールが届く時、たいてい選手の写真が何枚か付いて来るものですが、外国人選手の場合、「なんでそんなとこで撮んねんッ!?」とツッコみたくなる写真がたまにあるものです。

 こちらは今日ニュースにしました、J-NETWORK 8/3 後楽園大会での西山誠人選手との対戦が決まった、韓国のパク・キジョン選手。

070705paks.jpg

 誌面ではトリミングして載せましたが、元の全体画像はこんなので、何故か暖炉や高級そうなイスが後ろに。どこかのホテルで撮ったのかなあ? 照明のバランス良さや発色は間違いなくプロの腕前なのに、肝心のロケーションのチョイスがズレてるのが不思議です。カンフーアクション映画ならこういうシチューエーションも無いことは無いでしょうけど。

 続いてNJKFで大活躍中のアルティメット・ウォリアー、ルンピニースタジアム現役スーパーフェザー級王者・センチャイ・ソー・キングスター様。ピンポイントで相手に着実に当てる左右の蹴り技、合気道のようにほとんど相手に触れるだけで倒してしまう神技、「選手」じゃなく「様」と呼んでしまいたくなるほど惚れ惚れするファイターです。7/1後楽園の石毛戦に続き、7/29のディファでのイラン人との対戦でも度肝を抜いてくれるはずですが、彼のリリース写真はなぜか線路の上でございます。

070705saenchai.jpg

 ムエタイとは全く関係無いシチューエーションですが、たぶん誰かがジムの近くでいい場所が無いかと思って提案して、その場のノリで通っちゃったんだろうと推測します。普通に草むらが背景なら何もおかしくないんですけどね。「センチャイの神業をもってしてなら鉄道の馬力でさえも封じる」とか「センチャイの戦いの旅はこの線路のようにどこまでも続く」とか、そんなイメージをいちいち作って撮ったとも思えませんし…。タイのドラマか映画でこういった光景の元ネタがあるのかなあ。


2007-07-05 17:23 この記事だけ表示   |  コメント 0

コメント


コメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。