小林聡さんの眼[井原芳徳]


 
全日本キック後楽園大会のレポートと写真を載せましたが、大事な写真を1枚掲載し忘れていました。
大会の休憩時間、小林聡さんの引退記念本「野良犬 キックボクサー 小林聡の軌跡」(エンターブレインから4/20発売)のサイン&握手会が行われました。
1人1人に握手するとき、小林さんは必ず下からファンの方の眼をしっかりと見つめていました。
鋭いんだけど、冷たさは無く、根っ子に温もりがある。
眼に不思議な力がある人です。



2007-04-18 18:45 この記事だけ表示   |  コメント 4

コメント

、自分でもこれまで思いつきもしなかったようなフレーズでその選手を表現することで、ディレクターさんやデザイナーさんが意外なアイデアやデザインを返してきたりと、ジャムセッションのような化学反応が起こる楽しさもあります。シンガーソングライターがアイドルに詩や
(2012-04-05 16:29)
。「この選手の何が凄い?何が個性?」ということを、簡潔でいてインパクトの残る形で紹介しないといけないので、脳味噌の中でもい
(2012-04-05 16:35)
する文章は、これまでばうれびでも専門誌でも山ほど書きましたSだと、格闘技を全然知らないか、普段そんなに見ない人が対象です。選手やイベントの予備知識はゼロか
(2012-04-05 16:41)
ほとんど無いことも想定しないといけない上、文字数も限られています。「この選手の何が凄い?何が個性?」ということを、簡潔
(2012-04-05 16:47)

コメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。