川村亮と一緒にRISING[井原芳徳]

 3/18(日)、パンクラス後楽園大会
 ロシアのスペツナズ軍団2人が急遽欠場し、7試合から6試合に減ったこともあり、内容に不安のあったこの大会。
 ですが、パンクラスismの超新星・川村亮選手と、選手生活15年のベテラン・金原弘光選手によるメインイベントが、異様に激しい殴り合いの試合となり、場内は大盛り上がり。
 最後は川村選手が金原選手をKO。負けた金原選手が「いい選手が育ってきてくれてうれしいです」と川村選手を讃えた後、あと1試合で引退すると表明。川村選手は「僕のような若造に全力でぶつかってくれてうれしい」と話し、「でも立ち止まっているわけにはいかない。どこまで行けるか、みなさんも川村亮と一緒にRISINGして行きましょう」とアピールしました。

 RISINGは今年のパンクラスのツアータイトルですが、川村選手、あるいはパンクラスという団体だけがRISINGしていくというわけじゃない。「みなさんも川村亮と一緒に」というところがミソ。
 あんなに激しい試合をした川村選手ですが、すぐその後出口近くの売店に行き、Tシャツを売って、サインをしていました。
 

 
 商魂たくましいと言うレベルじゃなく、今日来てくれたお客さんに最後の最後まで楽しんで帰って欲しいという、ショーマン魂がまずあってこその行動でしょう。会社からやらされるでもなく、ファンに媚びるためでもなく、パパッと川村選手の機転が利き、自然とお客さんより先回りして売店にいた、という感じだと思うのです。「立ち止まっているわけにはいかない」「みなさんも川村亮と一緒に」というのを、すぐに己の体で実践しているんですね。

 この試合の模様は、スカイ・A Sports+で3/26(月)20:00〜22:00に放送されるので、スカイ・Aをケーブルテレビ等で見られる方は必見です(再放送あり)。あなたも近い将来、自然とパンクラスの会場に足を運び、川村選手と一緒にRISINGしているかも。



2007-03-26 10:17 この記事だけ表示   |  コメント 4

コメント

、自分でもこれまで思いつきもしなかったようなフレーズでその選手を表現することで、ディレクターさんやデザイナーさんが意外なアイデアやデザインを返してきたりと、ジャムセッションのような化学反応が起こる楽しさもあります。シンガーソングライターがアイドルに詩や
(2012-04-05 16:29)
。「この選手の何が凄い?何が個性?」ということを、簡潔でいてインパクトの残る形で紹介しないといけないので、脳味噌の中でもい
(2012-04-05 16:34)
する文章は、これまでばうれびでも専門誌でも山ほど書きましたSだと、格闘技を全然知らないか、普段そんなに見ない人が対象です。選手やイベントの予備知識はゼロか
(2012-04-05 16:41)
ほとんど無いことも想定しないといけない上、文字数も限られています。「この選手の何が凄い?何が個性?」ということを、簡潔
(2012-04-05 16:47)

コメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。