NonStop JB![井原芳徳]

 昨年のクリスマス、ジェームス・ブラウンが亡くなりました。
 
 僕はJB自体をちゃんとベスト盤でもアルバムでも聴いた事が無く、その影響を受けたスライやマイルスやプリンスとかのほうを熱心に聴いてた人間です。もちろんその偉大さは百も承知しているものの、そんな状況でしたのでJBの死にはさほどショックを受けませんでした。
 
 とはいえ、これを機会にちゃんと聴きたいなあ、と思ってた矢先、TOKYO-FM系で日曜2時からやってる山下達郎サンデー・ソングブックで、2週にわたりJB特集が。
 
 特集冒頭、達郎さんはこう言いました。
 
「私にとって、ジェームス・ブラウンは人生最高のシンガーであります。『お前が好きなシンガーをたった一人あげろ』と言われれば、私は迷うことなく『ジェームス・ブラウン』と」
 
 それだけに特集は気合が入った物になります。JBの評伝はたくさん出てることから、達郎さんは曲間に説明を入れず、CMだけを挿んで、「JBが一番脂がのっていた64年〜72年の曲」をノンストップでかけ続けました。「ジェームス・ブラウンが一番喜ぶ追悼特集になると思う」と考えて。
 
 1週目の1/21は64〜69年の曲を、55分番組で12曲。相変わらず音も抜群。むちゃくちゃ気持ちよかったです。いままで僕が聴いて来たいろんなミュージシャンの表現手法が、本当にここに詰まってるなあ、ということを、一個一個の音のフレーズやJBのシャウトから感じましたね。「あー、もっと早くJBを聴いておけばよかった!」と後悔しました。冗談抜きで、大学生ぐらいまでに聴いてれば、人生変わってたかも。
 
 今度の1/28は70〜72年の曲がかかります。まだJBを知らない人、必聴ですよ。



2007-01-26 18:08 この記事だけ表示   |  コメント 0

コメント


コメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。