企画提案は難しい[本庄功志]

 自分の提案にみなさんこんなに反応してもらって嬉しいです。ありがとうございます!井田さんの“The Review”は期待しています。とても楽しみです。
 
 ちなみに僕はこのサイトのことについて、毎日とは言いませんがおせっかいにもいろいろ考えています。どうなれば訪問数が増えるか、見やすいサイトにできるのかなど。昔バウトレビューXXでやっていた「敗者に焦点をあてる」といった面白い企画があったが、僕にはそんなのなかなか思いつかない。しかし僕は一ファンとして、こんな企画があったら楽しいと思った。
 
 感単に言えば“選手の内面”に焦点をあてる企画だ。携帯電話の着メロは何なのかとか、パソコンでは何をよく見るのだとか、どこの服が好きだとか・・・。
 「普段休みの日は何してるんですか?」そんなんじゃない。最近買った高い買い物とか、そんなたわいもない事を知りたい。うーんわかりづらいかな・・・・。要するに格闘技を省いた、しつこく言うと格闘技の話をしない、一人の人間として話を聞いてみたいのだ。
 
 女子格闘家とその母親に焦点を当てた「ママダス!」という本がある。僕はこの本を読んでとても感銘を受けた。選手と母親にしかわからない話。母親から見たその選手の素顔。単純に面白かった。「こんな面白い事思いつくなんてすげぇ!」と筆者を尊敬してしまったほどだ。
 
 リングの上だけでは容姿とファイトスタイルといった限られた情報しかわからない。選手と友達にならなければわからないような情報をファンは知りたいのじゃなかろうか。すべてをさらけ出せとは言わないが、そんな事をファンに提供する場があってもいいはずだ。雑誌のように近頃の試合を振り返り、次はどういう事をしたいなどを話すインタビューがあるが、そういうのを知りたきゃ雑誌を読めばいい。僕は“格闘技”を取っ払った格闘家のインタビューをしてみたいという事です。

2006-10-02 23:08 この記事だけ表示
 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。