ひとつの見解ーー“The Review”[井田英登]

 すっかり隠遁状態に突入して、なかなか呼んでも出て来ない、季節外れの冬眠グマ状態の編集長でございます。みなさま、お元気でいらっしゃいましたでしょうか? 

 さて、一つ前の本庄君の書いてくれた「ひとつの提案」のエントリーは、ばうれびの運営上の話を読者にネット上のオンラインミーティングとして、読者公開で練ってみようぜという、“海賊版”のやり方に関する「別提案」も含んでるんだね? こりゃいいやとおもったんで、あえてレスにしないで、エントリーを別立ててご返事してみるかなと思った次第。

 で、ここから書く事は、“お財布係のオジさん”からの「ひとつの見解」であります。

-------------------------------------------------------

 今回、本庄君が提案くれてる内容を、僕はいわゆる“記事のBlog化”に近い方法論の提案なんだと受け取った。

 確かに、ネットで媒体をやる上で、ファンの肉声をリアルタイムで拾って行くというのは、一つのやりかただし、間違ってないとは思う。それに本庄君自身、読者の生の反応を知りたいって気持ちは極々ピュアなもんだと思うので、それを否定的に撥ね付ける気は全然ないのね。

 でもね、まず、俺はもう散々手あかの付いたBlogのシステムを、今更ばうれびに応用するのはヤなんだ。確かに更新のシステムとしては手軽で便利だし、どんどん企業サイトでもカスタマイズしてBlogを導入してるトコも多いよね。でも、あれは日記以上の物じゃない。レスが簡単に付くと言うのも良し悪しで。たかが器の話ではあるんだけど、ジャーナルをやる側の仕組みとして取り入れると、その仕組みの“手軽さ”“とっつきのよさ”が、逆に媒体の首を締めるんじゃないかと思ってね。

 俺個人は、ばうれびを十年ちかく運営してきて(今日も井原と、“次の春で十周年なんだよなあ”みたいな話をしたばっかりなんだけど)、書き手として、あまりヴィヴィッドに読む人の声を聞いちゃいけないんじゃないか、あえて、ポンポンお客さんとキャッチボールをしないほうがいいんじゃないか、という信念が有るんだ。

 だから、今までネットの流行にガンコに逆の方向むいてやってきた部分が有る。元々ばうれび開始当初は絶対“掲示板なんか付けない”って頑に抵抗してたりさ(笑)。

 その辺の気持ちについては、ちょと前に俺自身のblogの、このエントリーに書いてるんで、良ければ読んでみて欲しい。

-------------------------------------------------------

 で、だ。
 一方で、俺には書き手としての顔だけじゃなくて、このMuscle Brain'sの社長として、ばうれびの編集長としての顔もある。

 ジャーナル屋としての覚悟やエゴの話は一旦横に置くとして、ネット媒体と言うサイトの性格を考える上で、読者の声の聞こえないサイトというのは商業的にツボを突いてないし、媒体としても弱いと、そう考えるアタマもあるってことね。

 だから、これまでだって、途中で主張を曲げて掲示板つけたり、最近はさぼってるけど、リーダーズポールなんかもたまーに仕掛けたりしてたわけで。

 でも、これから安易な形でBlog化するかと言ったら、それはやらない。

 どうせやるなら、どこもやってない一番新しい形で、書き手のジャーナル精神と、それからサイレントマジョリティである読者の思いを“見える形”で誌面に反映させよう、っつー一見相反するものを併存させられるアイディアを俺は一個持ってるんだわ、実を言うと。そのシステムでなら、情報を供給する側の独立性と、それを囲むジャンルのユーザーの有形無形の意見を矛盾なくというか、もっと大きな容れ物で形に出来る自信がある。だから格闘技畑だけでなくて、そのオリジナルな発想をもったシステム自体で世間と勝負したいと、実はかなり長い間思ってるんだわ。

-------------------------------------------------------

 それこそBlogとかが流行り出すよりもっと前から、そういう汎用のシステムを作れないかと企んでて。ただ、俺がゼニ集めとか苦手なのと(スマン)、システム任せられる人材がめっからなかったりで、ずーっと構想倒れになってたんだけどね(笑)。

 ただ、逆にそうやって三年ほどサボってる間に世間ではすっかりBlogやMIXIみたいなSNSの仕組みが普及してくれたもんで、市場は出来たなと。当時俺が言ってたみたいなシステムが、商売として成立してもおかしくない世の中になってきてるのも事実。そろそろお金集めたり、システム開発を他所と一緒にやる機運みたいなのは熟してきてるんじゃないかと思ったりもする。だから、一個いま俺が現場にもロクに行かずに仕掛けてる案件が終わったら、次はもう一回そいつにチャレンジしてみようかなと思ってます。(MIXI株の公開で“しまった乗り遅れた〜”とか思ってる投資家のみなさま、“インセンティブで仕事してやるぜ”とおっしゃる奇特で腕っこきのプログラマー/システムエンジニアの方々、メールお待ちしております(笑))

 システムが形になったら、当然、いの一番にばうれびでそのシステムを採用したいなと思ってるんで、ちょっとだけ気長に待ってくれるとうれしい。(十周年が終わっちゃうまでにはなんとかしたいねえ…)

 中身については、あんまり沢山言っちゃうと、誰かにパクられて先にやられちゃう可能性があるのとーー新規事業事案というのはこういう公の場で公表してしまうと、もう発案者個人のアイディアとして保護される対象にならないらしいので(具体的に言うとビジネス特許がおりない)、ここでは言わないけど。

 まあ、なんかかんか毎日考えてはいますよ、なーにも考えちゃないような感じに見えるとはおもいますが(笑)これが今回の件の着地点になるといいね。

-------------------------------------------------------

 ちなみにシステムの商用名称だけは、絶対これにしようと決めてるものがあるんで、それだけは教えとくよ。

 “The Review”。

 “自分たちが直接拾って来た(第一次の)情報を出す”/“ファンがいまどんな温度でリングを見つめているかを測る”という、俺たちがばうれびで十年やってきた仕事の骨組みを、今度はどんなジャンルにでも応用できる汎用システムにして出すつもり。

 まあ、どこまでやれるかわかんないけど、『井田のバカがまた出来もしないのに大風呂敷広げてやがら』と、眉に唾つけて、待ってみてくださいませ。>本庄君&愛読者のみなさま

2006-09-29 06:31 この記事だけ表示
 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。