総合格闘家って意外とオシャレ?![本庄功志]

 格闘家でオシャレな人・・・って誰?
 まあ正直こう思うのが普通。例えば、サッカー界では俗に言うキングカズだったり中田ヒデだったりがオシャレの部類に入っているのかな。
 野球界では・・・新庄?あんまり思いつかないけど格闘家と同じような感じ。

 サッカー>>>>>>野球=格闘家

 こんな感じでメジャースポーツのオシャレ度はなっているもんだと個人的に思う。格闘家のイメージはTシャツにジーパン。今で言うデニム?これが一般的だと思う。確かに悪くないですよ。僕もこの格好は楽だと思うし、そんな何着ようかは個人の自由だし。

 ただ!格闘家は試合中にオシャレがない!野球やサッカーだったらピアス着けたり、ネックレスつけたりいろいろしてる。しかし、格闘家がそんなオシャレアイテムを試合中着けられないことぐらいバカな僕でも知ってる。だから、試合用パンツに凝ってみたり、刺青入れてみたり、入場に凝ってみたりいろいろあるわけです。

 でも僕はある総合の選手を見て「これは新しい!」と思った。斬新だ!と。総合格闘家の特権と言えば果たして何?最大の売りは「オープンフィンガーグローブ」これにある。

 本題に行くのにだいぶ寄り道をしてしまったが、要するに試合中自由に動かすことができる“指”。もっと細かく言うと“爪”。ここです。

 

 先日のPRIDEで初勝利を果たしたエヴァンゲリスタ・サイボーグ選手。この方は試合の時にツメに黒いマニキュアを塗ってるのだ(PRIDEに出た2戦いずれもやっている)。最近、男子の間で女の人のようにマニキュアを塗る人が増えている。オシャレで有名な堂本剛とかやってるよ。
 男子は女子と違い一本にだけ塗ってみたりーの、色を赤やら緑やらを塗ってみたり・・・。
 
 サイボーグ選手は敏感にトレンドをキャッチし、今格闘家の中で最先端を走っているのではなかろうか。マニキュア塗っている男子選手はこの方以外見たことがない。
 でも、もしかしたらマニキュアじゃないのかもしれない。なんかのサイボーグ家に伝わるしきたりなのかもしれない。そこは確認しなかった自分が悪い(この前のインタビューの時、本人に聞けばよかったと後悔・・)

 ただ、マニキュアであることは非常に高いと思う。第一爪全部が黒いっていうのもマニキュア以外おかしな話だ。総合の試合ではグラウンドに行ったときに比較的手が写りやすい。そこで爪に黒以外にも、派手な赤だとか、ピンクだとか、思い切って花柄とかやってみちゃったらおもしろいかなーなんて思うんだけどどうでしょう?もちろんドクロとかカッコイイのもあり。
 「ガチンコの世界でオシャレなんか関係ねー!」「マニキュアつけたからって強くなるわけじゃないし・・・」いろいろ意見も多々あると思うし、あまり目立つ箇所ではない。ただ、このマニキュアファイター僕はおもしろいと思うが。

2006-09-19 23:00 この記事だけ表示
 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。