ある名門ファミリーの恐るべき(?)リング外戦術![シュウ・ヒラタ]

格闘技の世界ではその名を知らない者はいない名門中の名門XXファミリー。
ルールからリングのサイズから使用するグローブまで決め、時には元オ◯ムの上◯広報並みの屁理屈を駆使してまで、どんな事があってもとにかく我々一族が最強である!どんな事をしても勝つ!というマーケティング戦略というかトータル戦略、もうこれは尊敬に値する。

そんな名門ファミリーの一員が、またやってくれたのだ。
数ヶ月前に東海岸で開かれたある大会で、この名門ファミリーの一員が仕掛けたリング外戦術は、今でも関係者の間では語り草になっている。
 



 
それは計量が終わった試合前日の夜のことだった。

その最強名門ファミリーの一員とスーパーファィトで対戦することになっていた某大型選手は、明日の試合に備えリラックス、リラックスと、ベットに寝っ転がりながらリモート・コントロールでチャンネル・サーフィン中だったのだ。

コン、コン。
うん!?今のはノックか!?誰だ、こんな時間に?
大型選手はのっそりとベットから起き上がりドアを開いた。

「コングラッチュレーション!」
おいおい、何だ、何だ、あれ、そのカメラ何よ!あれ、あんた、エド・マクマンじゃない?
マイク片手にビデオカメラマンを引き連れ、いきなり自分の部屋に飛び込んできたおやじを見て、この大型選手は気がついた。

「そうです、あなたは今ワン・ミリオン・ダラー(約1億1600万円)当たったのです!覚えてますか?ほら、この前、あんた、地元のコンビ二で応募したでしょ?」
この大型選手、コンビニで宝くじなんかに応募した記憶なんてま〜ったくなかったのに、まぁ、いいや、こんな時はそんなフリをした方がいい、とばかりに「オー、イエス!」なんていかにもあった、あった!なんてリアクションをしたのだ。
「そうです!あなたがラッキーワン!はい、ワン・ミリオンダラーのチェックです!」
と大きなパネルのようなチェック(小切手)を手渡され、エキストラだ何だか知らないが、カメラマンの後ろにいる、なぜか風船を持ったおばちゃんたちがキャーキャー騒ぎだしたのだ。

おいおい、何なんだ!?とその場の熱いエネルギ−に圧倒されつつ、この大型選手は、え、これ、このチェック、このまま銀行に持っていくのかな?と一瞬だけバカなことを考えてしまった。
いや、でもいいや、だって「あんたエド・マクマンでしょ?」とやっとさっきから聞きたかった一言が口から出たのだ。
「オフコース!わたしはわたし!エド・マクマンだよ!それ以外に誰がいるんだい!?」
おいおい、ちょっと待てよ、ちょっと待てよ。
落ち着け落ち着け。
と自分に言い聞かせたこの大型選手だが、こんな状況で落ち着くといっても、彼には限界があった。

目の前には、昔テレビで「トップ40!」とかやっていたあのエド・マクマンがいるんだぜ。
という事は、間違いない!俺、ワン・ミリオン当たったんだ!
うぉぉおおおお〜!
大きく雄叫びをあげると、もうすべてがどうでもよくなってしまったのだ。

これで滞納している家賃も払えるし、彼女に借りている金も返せる!いや、そんな事より念願のマイホームに黒のハマーだ!と思ったかどうかは定かではないか、とにかくすべてが変わる!とこの大型選手は信じたのだ。
よし、俺は明日から億万長者だ。ふん、何が試合だ、飲みにいくぞ!
アスリートとしては、ここまで厳しい練習を乗り越えたきたんだからその成果をみたい、体で感じたい、と考えるもんだとは思うんだが、この大型選手にとって、ワン・ミリオンはデカかった!
もちろんチームメイトの言う事なんぞに聞く耳を持たず、俺はリッチだ〜、とネオンの世界に走っていってしまったのだ。

そして朝5時。
クレジットカード使いまくってねえちゃんたちをはべらかして、シャンパンをラッパ飲みしながらカラオケでボン・ジョビを熱唱しベロンベロンになってホテルに戻ったこの大型選手。
ドアを開けると、入ったすぐの床の上に大きな白い封筒がおいてあったのだ。

何じゃぁ、こりゃ?
すべての物が二重に見えるほどのへべれけ状態だったが、この大型選手、何とかこの封筒を拾いあげ、中をみてみると、写真が一枚だけ入っていた。
何だ、こりゃ?とその写真をみると、そこに写っていたのはビール片手に肩を組んだふたりの男だった。
あれ、これって........あ!あいつだ!
大型選手は気がついた。
写真の男は、今から15時間後ぐらいに自分とリングで戦うあの名門ファミリーの一員、そして肩を組んでいるのは、さっき俺の部屋にいたエド・マクマンではないか!
おいおい、ちょっと待てよ!どういう事だ!?

この大型選手、もうその時は、一瞬にしてすべてがパッチリ見えるようになったらしい。
酔いが醒めた、という程度の感覚ではない!氷の滝に放り込まれた!冷たすぎて痛い!
ちょっと待てよ、ここのカジノ、いま、そっくりさんショーやっているのか?
何だか冴えちゃって閃いたこの大型選手は、ホテルのパンフレットをめくってみた。すると............
そこには青い背広に青いネクタイをしたあのエド・マクマンのそっくりさんが写っているではないか!
騙された!
うぉぉぉおおおおおー!
この夜、二度目の雄叫びをあげときは、すでに手遅れだったのだ。
くそぉー、もう今晩のファイトマネーの三倍ぐらい使っちゃったよ〜!
この大型選手、噂によると、その場でモニカ・ヴィッティのように膝から床に崩れ、わんわんと泣き出したらしい。
 



 
その晩、この大型選手、リングの上では切れまくり。
ゴングと同時に名門ファミリーの一員を捕まえ持ち上げロープの上から外に投げるというプロレスみたいな反則行為をみせ、レフェリーにこっぴどく怒られ1ラウンド開始早々いきなり減点1を喰らったのだ。

しかし、どんな事をしてでも勝つ、というこの名門ファミリー、恐るべし、というしかない。
そしてこの大型選手、はっきり言って馬鹿、フォローの言葉どころか慰める気にもならない。と試合後は散々みんなに言われたらしいが、最近は、億万長者になったと信じてそれがま〜ったくの嘘だったと気がつく、これは辛いよな、とチームメイトもやや同情モードに入っているとのこと。

え?名門ファミリーの一員とこの大型選手の試合の結果?
でもそこまで書いたらこの大型選手が誰だか判っちゃうと思うので、それはご勘弁ください。

2006-09-10 10:03 この記事だけ表示
 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。