あ、これは志田戦のメンジが見れるぞ[井原芳徳]

DEEPの感想に続いて、8/5(土)のHERO'Sの有明コロシアム大会について。
(これまた執筆は8/12です。情報解禁が大会翌日6日の午前3時でしたから、翌日扱いの記事としておきます)

この日の東京はこの夏でも一番か二番ぐらいの猛暑。
5月の代々木大会の時もそうでしたが、なぜかHERO'Sの日は異様に暑くなります。
で、それが大会自体の軽快で南国的なムードと妙にマッチする。
ラウンドガールの女の子の服装も南国的だし、インターバル中の彼女達の動きもダンスのように振り付けがついてて、なんか楽しい気分にさせられます。

桜庭戦等、ライトヘビー級でのレフェリングについてはバウレビの記事で書いた通り、「問題の大半は、運営の首尾一貫性の無さが発端ではないのか?」、これに尽きます。
止めるのが速いor遅いということよりも、試合によってスタンダードが変わること自体に問題の根があるんじゃないか?という話です。

記事では指摘しなかったけど、1R・2Rの時間の長さが違うにも関わらず、どちらも10点法でジャッジしてるんですね。大山×ホドリゴがそうでした。
まあ、「試合終盤の2Rに頑張った方を高く評価すべきだ」という理屈は付けられなくもないけど、だったら通常の5分2R制で、2R目の持ち点を15ぐらいにしなきゃいけないわけで。
直前のルール変更で、審判団もルールを練り込む時間が無かったんでしょう。
これも首尾一貫性の無さが起こした問題といえましょう。

ミドル級は本庄君が書きました。
ライトヘビー級の騒動のせいで埋もれたけど、ミドル級はいい試合続きで、もっと話題になってもいい気がするんですけどね。
特にメンジヴァーの試合が面白かった。所と噛み合ってました。
開幕戦は勝ちに徹したのか?相手が10日前に中原に代わったせいか、慎重なファイトでしたけど、今回はポテンシャル大爆発でしたね。最初数分で、「あ、これは志田戦のメンジが見れるぞ」とワクワクしてきましたもん。
ジャーマンは出なかったけど(下の写真は志田戦のものです)、パワーボムをして、直後の所がクラッと来てたのには、元天龍ファンとしてたまりませんでした(笑)。その前にパウンド2発入れてたのが21世紀型ですね。

所戦がいい試合になった理由は、サッカーボールや四点膝の無いHERO'Sルールだからというのもあるんじゃないでしょうか。
所選手が休まず距離を作らず、ササッとメンジとのグラップリングに行くから、試合がダレないんですね。宇野選手もそうでした。

ただこの日は、朴×ペケーニョやマヌーフ vs. クラウスレイのように、猪木アリ状態が繰り返される試合も。
マヌーフは相手がニュートンからクラウスレイに急に変わったこと、朴×ペケーニョは4日前に発表されたことで、調整がうまくいかなかったとも考えられますが。
ペケーニョ、いわゆる「ノンタイトル戦モード」だったもんなぁ。気合が感じられない。
やっぱり試合は早い段階から決まっているべき、と思ったのでした。

(今日の海賊版:前日会見でのマンバと宇野選手。宇野選手が怪獣と戦う超能力少年(夏服)のように見えてしまう)



2006-08-06 23:00 この記事だけ表示
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。