勇気のミナモト[山口龍]

 ブログの普及とともに、格闘技の選手が自身の言葉で感情を書き表すことが珍しくなくなってきています。外見とはまったく別の一面を自身のブログから垣間見せる選手や、意外な文才を見せる選手も少なくありません。

 6月25日に迫った「R.I.S.E. FLASH to CRUSHトーナメント」で注目の選手、“戦いの神が降臨”水谷秀樹選手も自身のブログをマメに更新する一人です。今回は、友人ながら水谷選手のブログを紹介したいと思います。

 水谷選手のブログは空手の先生という職業柄、子供たちとの遠足や審査会の様子は勿論、時々出てくるさりげない日常描写がまた面白いのです。

 母の日にはマンダリンオリエンタルで食事というセレブらしいものから、試合3週間前に「練習の疲労が溜まってきたのでスカイダイビングに行きました」とか、空手の先生やキックボクサーではない充実した日常を垣間見ることができます。噂ではかなりのワイン通のようです。

 またキックボクサーには避けることのできない減量も、彼の場合はスポーツという分野では収まらず、なんと「和民」の社長が書いたスケジューリングを応用し、予定通りに減量を実行するという離れ業をみせます。

 水谷選手といえば、12月18日のR.I.S.E.ディファ大会で、プロデビュー戦ながら城戸康裕選手を左ハイキックで逆転KOした一戦が有名ですが、この試合の裏エピソードとも言える秘話をブログに掲載しています。彼の折れぬ心、勇気のミナモトは意外なものでした。

2006-05-30ブログから転記

■手紙
 日々の練習で疲労も溜まってきていますが、毎日色んな発見があって楽しく練習しています。練習に行く時いつも持ち歩いているものがこの手紙。この手紙は、KIDSクラスのみくちゃんが心を込めて書いてくれた手紙です。デビュー戦でラウンドとラウンドの間、ヘロヘロになって意識がモウロウとしている中で板倉さんがこの手紙を目の前で見せてくれて、「俺、このままやられたままで帰れないよ」って気持ちにさせてくれました。膝蹴りをもらって口の中が切れていたから、その血が手紙全面に飛び散って汚くなっていますが、お守りとしていつもバッグに入れておこうと思います(*^▽^*)

 リングで強敵と戦う、強くて優しい水谷先生は、子供たちの現実のスーパーヒーローであり、決して負ける姿は見せらないですね。人は守るものがあるから、強くなれるし、勇気を持って戦えるのですね。

 水谷選手いや水谷先生のブログは空手維新のホームページからもアクセスできます。

(6/24 のR.I.S.E.のチケットはe+(イープラス)にて販売中です)

2006-06-20 16:54 この記事だけ表示
 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。