トップページは顔[井原芳徳]

バウレビで伝えたいことは何だろう?
語ればきりが無いが、短く言えば「格闘技への情熱」だ。
その手法として文章なり写真なりがあるわけだが、それが果たして読者にちゃんと伝わっているのだろうか? 単なる情報チェックのための便利サイトになっていないだろうか? と最近疑問に思っていた。

そんな時、ある人からこう言われた。
「トップページの見出しだけじゃ何が書かれているのかよくわからない」
確かにそんな気がしてた。でも、その対処方法は簡単だ。
「トップページだけで何が書かれているかだいたいわかるようにすればいい」と。

トップページは顔。そこにバウレビの情熱のエッセンスを凝縮する。
いい試合、いい選手、いい顔、そしてそれを伝えるための、いい文章、いい写真。
その人からは「せっかくいい記事や写真が載っているのにもったいない」とも言われた。
どこか自分たちの表現物に自信が無かったのかもしれない。
でも、もういいだろう。
自分たちが素敵だと思うものは素敵だともっと堂々と伝えても。

その第一歩を今日やってみた。ありふれた手法だけど、道が開けた気がする。



2006-06-12 12:51 この記事だけ表示
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。