WBC優勝の波及効果[井原芳徳]


きのうのテレ朝「報道ステーション」、野球の世界一を決める国別対抗戦「ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)」で優勝した王ジャパンの成田凱旋帰国の模様を報じていました。
すると突然、「こんなところにもWBC優勝の波及効果が…」みたいなノリで、ボクシングのWBC(こっちはワールド・ボクシング・カウンシル)の女子ストロー級王者・菊地奈々子選手が屋外でシャドーボクシングをしている映像が。
やや強引な繋げ方でしたが、固定した練習場所の無い彼女にもWBC効果で注目が集まって、練習環境が良くなればいいな、といった伝え方でした。
本来なら土曜に防衛戦をやるWBCバンタム級王者の長谷川穂積選手を取り上げるのが旬なんでしょうけど、この試合は日テレで放映される関係上、日本初の女子WBC王者としてプレミア感のある菊地選手にオファーが回ってきたんでしょう。

菊地選手はまだボクシングを始める前、フリーのフォトグラファーとしてバウレビでも写真を撮ってくれてたので、今の大躍進にはビックリ。(例えばこの記事)
体もゴツくなったけど、インタビューの受け答えも堂々としてて、なんかえらくカッコよかったです。
ちなみに初防衛戦は5月上旬だそうです。

■菊地選手のホームページ
http://www.blue-sky-gym.com/kikuchi/



2006-03-23 22:30 この記事だけ表示
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。