(吉朗+ヨースケ)÷2[井原芳徳]
 昨日、たまたまG+でボクシング中継を見たら、パンクラスの前田吉朗選手と全日本キックでブレイク中のソルデティグレ・ヨースケ選手を足して2で割ったような顔をした選手が出ていて驚きました。
 名門・横浜光ジム所属で日本ライト級王者の石井一太郎選手で、この試合は東洋太平洋タイトルマッチで、見事2冠達成していました。
 あんまりいい写真が見つからなかったんですが、スポーツ報知の記事のこのアングルはヨースケ選手に似ていますね。左のボディ打ちがカッコ良かったなぁ。
 ヨースケ選手は辰吉似と言われますが、石井選手はたぶん辰吉似とは言われないだろうなあという顔つきです。

 ところで、12/4の記事で、修斗を題材にした漫画「オールラウンダー廻(めぐる)」の作者のインタビューがSHOOTO NEWSに掲載されたと書きましたが、その内容がSHOOTO COLUMNのブログで読めるようになっています。これまでの号の掲載コラムも転載されております。


2008-12-21 13:10 この記事だけ表示   |  コメント 0

コメント


コメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。