サマフェス!! 海賊版[井原芳徳]
 8/6と7に開催されたサマフェス!!で、「格闘王国ミニLIVE in サマフェス!!'08」と題し、女子のMMAとグラップリングの5試合行われました。バウレビの記事に載せなかった写真で、イベントの雰囲気を味わってください。


 サマフェス会場はこんな感じでリングとステージが並んでました。音楽も聞こえつつ、試合を眺め、代々木公園の緑の空気とビールを味わう、いいですねぇ。


 ステージはヒップホップの人たちが多かったです。


 近くの陸橋の上からも試合が見られます。ご覧の通り雨雲さんがいつでも夕立OKとばかりに見下ろしていてドキドキしました。


 リングの脇では、ウィラサクレック・フェアテックスジムのみなさんがキッチンカーでタイ料理を販売していました。M-1ムエタイチャレンジの興行でもタイ料理の屋台が出ますが、メシもセットでタイの雰囲気も楽しめるのがM-1の魅力なんですよね。他のプロモーターも、こういう遊び心は見習って欲しいなあと思います。


 キッチンカーの中にはウィラサクレック会長。笑顔がステキです。


 小寺選手とSACHI選手の試合は一進一退で楽しかったです。初めて女子の試合を見た人も、魅力をいちばん味わえた試合じゃないでしょうか。体が柔らかい女子だからこそできる試合も多いんですよね。ただまあ、グラップリングの試合は、視界を遮るロープ無しで見たかったです。


 お約束ラウンドガール1枚。


 リングの脇で選手がスタンバイしますが、赤コーナーも青コーナーも同じ場所です。この距離感と空気感も悪くはありません。右半分がT-BLOOD軍団です。石田選手の大声のアドバイスも代々木の夜に響きました。


 で、入場曲がかかると、恒例のダンスを見せるT-BLOODの森藤選手。お客さんを盛り上げていました。こういうのは大事ですねぇ。


 18時50分頃になるとかなり日も暮れました。小雨もパラパラ。かなり蒸し暑かったのですが、集中して戦っていた選手たちはエライ!


2008-08-09 15:32 この記事だけ表示   |  コメント 4

コメント

、自分でもこれまで思いつきもしなかったようなフレーズでその選手を表現することで、ディレクターさんやデザイナーさんが意外なアイデアやデザインを返してきたりと、ジャムセッションのような化学反応が起こる楽しさもあります。シンガーソングライターがアイドルに詩や
(2012-04-05 16:28)
。「この選手の何が凄い?何が個性?」ということを、簡潔でいてインパクトの残る形で紹介しないといけないので、脳味噌の中でもい
(2012-04-05 16:34)
する文章は、これまでばうれびでも専門誌でも山ほど書きましたSだと、格闘技を全然知らないか、普段そんなに見ない人が対象です。選手やイベントの予備知識はゼロか
(2012-04-05 16:40)
ほとんど無いことも想定しないといけない上、文字数も限られています。「この選手の何が凄い?何が個性?」ということを、簡潔
(2012-04-05 16:47)

コメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。