前回の記事を書いてから半年ぶりの投稿です。「プロ野球の話、というか、もっぱら楽天の話」なんてタイトルで、半年間もバウレビのトップページにウザいぐらいに載り続けましたが、その楽天イーグルスがクライマックスシリーズ進出をついに決め、しかもまさか1位に迫る位置にいるとは...。

 半年前の記事では「中村ノリ、小坂の加入はかなりデカいと思います」と書いてましたね。ノリのほうはからっきしダメなんですが、巨人から来たセカンドの小坂は攻走守で名脇役ぶりを発揮し、一場とのトレードでヤクルトから来た外野手の宮出もそこそこの働きをしています。途中入団の新外国人のリンデンも頑張ってますね。
 選手層が厚くなったことで、結果的に前からいる選手たちが危機感を持って、チーム内の競争意識が高まったことが、今この位置にいる要因の一つでしょう。ノリとサードを争いながらも、結局中軸に定着した草野はその典型かと思います。
 あと「打線のつながりがうまくいきそう」「イケメンの(ピッチャー)永井あたりがちゃんと機能すれば、なんとか3位に滑り込めるんじゃないでしょうか」って書いた箇所は、まさにそのとおりになってくれました。

 他球団予想はハズレて、千葉ロッテはバレンタイン監督の退任騒動を見ていると、本当どうなっちゃうんだろう?って感じですけど、楽天も絶好調なのにノムさんが今年いっぱいってのが球団側の規定路線のようで、今は楽しいけど来年が非常に心配です。
 いろいろノムさん批判は見聞きしますし、継投や代打策での失敗をやっちゃうことがありますが、他の監督でも多かれ少なかれやることですし、チーム作りという基本的な所での成功は、今の順位が示していると思うんですよね。
 ノムさんが退いても、まだ43歳と若いけど橋上ヘッドコーチあたりが監督に昇格して、これまで築いたものを継続するならまだいいんですが。1位の日ハムもそうですけど、選手個々人の能力がさほど高くなくても上位にいるというのは、チームプレーの力が大きいでしょう。スポーツ新聞で楽天次期監督は東尾さん、中畑さんっていう名前が出ると、西武・巨人といったエリート集団にいた人たちに、寄せ集めの雑草集団をうまく束ねることができるんだろうかと少し心配ですね。

 監督次第ではチームの雰囲気自体もだいぶ変わるでしょう。事実上の前身球団の近鉄であったり、若い選手の多い広島やヤクルトであったりの、強いチームに必死で立ち向かう貧乏球団(失礼)のイメージに、今の楽天は近いと思います。
 選手個々人でも、先述の草野は29歳・妻子あり・ドラフト8巡目で楽天入りした選手ですし、現在首位打者の鉄平も、中日では出番が無く、金銭トレードで放出された選手で、名古屋から愛車とカーフェリーで仙台に来たというエピソードがあったりと、苦労人が多いのです。今も多数いる近鉄残党組の苦労は言うまでもないでしょう。

 実はそういったところがチームの大きな魅力で、東北のみならず首都圏でもじわじわとファンが増えている要因であることを、球団側は十分認識していないような気もします。
 もちろんノムさん自体の人気もデカいですし、いなくなればスポーツニュースでの取り上げられる頻度も下がるでしょう。けど、ノムさん人気はあくまで入り口で、今はYahoo!でもCS放送でもパ・リーグの試合は見られますし、実際の3時間の試合を見つづけて、色々選手のことを知るうちにいつの間にかチーム自体のファンになった人が多く、僕もその一人です。あとテレビ中継で見る、本拠地の球場に集まる楽天ファンの暖かさというかユルさというか、一部の他球団みたく、殺気立っていないところが素敵です。

 ノムさんが監督残留したとしても、長くても来年まででしょうから、ノムさんがいなくてもイーグルス単体で人気と実力が安定するような、仕組み作りがこれから大事だと思います。新球団ですから、しがらみは少ないですし、5年間でその仕組みはかなり出来上がってきました。これまで築いたものをうまく活かしてほしいなあと思いますね。

... あー、やっぱり、こういう話題は気楽に筆が進むなぁ(前回と同じ締め)。 でも、プロ野球見てると、格闘技の試合や技術の面でも、興行やビジネスの面でも、参考になることが多いんですよねぇ。そういったこともまた書こうかなぁ。
2009-10-04 10:48 この記事だけ表示   |  コメント 7
 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。